遠野ぶろぐ

『ロングバケーション』

先週末に 『ロンバケ』 こと 『ロングバケーション』 の小説を読みました。
脚本はもちろん北川悦吏子。

4ヶ月ぐらい前に古本屋に行った時に105円で売っているのを見て、
安いと思い買ったのですが、読まれることなく眠っておりました。

気づけば時が経つのは早いものであれから8年も経つんですね。。。

道理で懐かしいわけだ。

出演者の 『キムタク、山口智子』 は強烈に覚えていたんですが
そのほかに誰が出ていたか覚えていなかったので、
確認してみると
『竹之内豊、松たか子、りょう、広末涼子』
という超豪華メンバー。
視聴率が平均30%だったというのも納得できます。

私の中でも、“野島伸司ドラマ”以外では唯一と言ってもいいほどに
心に残っているドラマでした。

読んでみるとやっぱり良かったです。
ラストのコンクールの場面では素直に感動してしまいました。

でも、読んでいてどうしても 『セナ=キムタク』 なんです。
どうしてもドラマが見たくなってきてしまったんです。

いまさら、レンタル屋で借りるのもなぁ・・・
どうしよう。。。
a0028731_05450.jpg
*写真はセナのアパートからの風景です。

[PR]
by tohno6 | 2004-06-29 00:56 | TV
<< 『ドン・キホーテ』 DEATH様、降臨 >>